ルームシェアの落とし穴

ドラマの題材にもなったせいか、近頃ルームシェアの人気が高まっています。

首都圏のような物価が高いところで、単身者用の賃貸だと賃料が高い上にお部屋が狭いといった地域だけかと思いきや、

地方でもそのニーズはあります。

ルームシェア募集用のサイトがあり、全国のルームシェアでお部屋を貸したい、また、借りたい方地域を指定して

ルームシェアをする仲間を募集したりもしています。

募集する側も応募する側も大まかな住所、例えば滋賀県大津市といったような記載ができますので分かりやすいです。

ただ、注意しないと行けない点もあります。

賃貸で借りているお部屋の一室を誰かに入ってもらってシェアするのであれば、管理会社やオーナーさんに

同居人が増えたことを連絡する必要があります。

さらによくあるケースがAさんが借りていた部屋にあとからBさんがルームシェアして一緒に住むとして

その後、元々の借り主のAさんが退去するためBさんに契約を引き継ぐという場合です。

こういったことを認めてくれるオーナーさん・管理会社であればいいのですが

新たに敷金礼金などを支払って再度新しい契約を結ばないケースも多々ありますので

そもそもルームシェア可能な物件なのかどうか、そして契約者の変更に対応してもらえるのかどうか

事前にきちんと確認してからスタートしないと後で面倒なことになりかねません。

首都圏などであれば、ニーズが多いだけにこの辺りの仕組みもきちんとされているところや対応に柔軟なところも

多いですが、上記で例に出したように滋賀県大津市といったようなルームシェアというニーズがそれほど浸透

していない地域では、特に注意したいところです。

関連:マンション管理・マンション管理会社の三井不動産住宅サービス株式会社

Design Downloaded from Free CSS Templates | Free Website Templates